『アニ・マガ・ラノ』ブログ | アニメ、漫画、ライトノベルの詳しい解説!! とご紹介をしていきます!! またニコニコ動画の紹介も!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 小雪空蝉 on  | 

アニメ『コードギアス・反逆のルルーシュ』

――世界に反逆する。


コードギアス 反逆のルルーシュ 5.1ch Blu-ray Box



憎む。

憎悪。

殺された、奪われた、許せない。

彼は憎悪を抱いていた。燃えさかるような、紅蓮の憎悪だ。


――何に?


世界に。世界を支配する王に。

敵は強い。相手は王だ。

闘うには無謀に過ぎる。


だが、知っていて尚、彼は挑む。

今はたった一人、ちっぽけな力しか無くとも挑む。


この世界を、ぶち壊すために。







珠玉のエンターテイメントと呼ぶに相応しい。

その顔は悪の顔。

主人公ルルーシュの為す『ピカレスクロマン』の物語。

コードギアス 反逆のルルーシュ第一期。


ご紹介させて頂きます。

@評価@

シナリオ(情報は精選されているかどうか):
キャラ(キャラクターは個性溢れるか。魅力的か):
ヒキ(次のシーン・ページを見たくなるか):10
世界観(話の独創性、その世界は独創性があるか):
リアリティ(設定、キャラの行動に綻びがなく、正しいか):

総合得点94点



あらすじ。

我々の住む世界とはまた少し異なる現在。
神聖ブリタニア帝国と呼ばれる巨大国家は各地を侵略し、多くを吸収その植民地としていた。
そして日本もまた同じく、ブリタニア帝国の侵略を受ける。
抗戦も虚しく、日本は『ナイトメア』と呼ばれる高機動兵器に為す術も無く敗戦し、ブリタニアの属国と化す。
『日本』という名前は取り上げられ、屈辱に塗れながらも属国としての象徴『イレブン(11)』の名を受け取ることになった。

そして敗戦国である日本、その焼け野原に立つ三人の子供があった。
一人は現首相の息子、枢木スザク。
そしてもう一人は盲目の少女であり、ブリタニア帝国が皇女の一人『ナナリー』
最後にその盲目のナナリーを担ぎ、歩く子供。
その眼差しには歳不相応のぎらついた怒りと憎しみが浮かぶ彼。
ブリタニア帝国が皇子、ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアだった。


そして時は過ぎ、身分を隠しながらもルルーシュは平穏な安穏とした高校生活を送っていた。
学校をサボり、退屈凌ぎに優賭けチェスで貴族から金を巻き上げるという、そんなつまらない日々。

そんなある日、彼は日本国復活を目指すテロリストたちの行動に巻き込まれ、その最中に一人の少女と出会う。
テロリストとそれを追う官憲たちの起こす悶着に巻き込まれながらも、ルルーシュは少女と共に懸命に渦中から逃げだそうとする。

だが官憲が追っていたのはテロリストたちではなかった。
その狙いはルルーシュと共にする少女だった。
秘密を知ったルルーシュは殺される。
官憲たちは問答無用にルルーシュに銃口を向けた。

自分の無力さと後悔にうちひしがれる中、彼の中で少女のもの思しき声が響いた。
「力が欲しいか?」

はんぎゃく


この後のお話の流れは簡単に言うと、仲間を集めて、国家権力をぶっ壊していく。という感じです。

かなり大ざっぱな説明ですが、大体そんな感じです。

そういうわけで主人公ルルーシュは人格的には良い奴なのですが、決して『正義』ではありません。

ダークヒーローのお話です。

ではより深く、このコードギアスの魅力について迫っていきましょう。



魅力①主人公ルルーシュの格好良さ

ルルーシュ
いつも悪そうな顔をして色々企んでいるルルーシュ君。

このお話、他の作品と比べてみても、主人公の出番が非常に多いです。
そりゃ主人公なんだから一番出番が多いのは当たり前、なのですが、それを差し引いても主人公の出番は多いと言って良いでしょう。劇中、彼が絡まない話は殆どありませんし、物語の発端や転機となる出来事も全て彼が仕掛け人になっています。
それに加えてルルーシュという名前はタイトルにも刻まれています。

そこからも分かる通り、このお話は紛れもなく主人公である彼、ルルーシュを追っている物語です。
ルルーシュが何を考え、何をするのか、何を為すのか。そういうお話なわけです。

それ故に、通常のお話以上に主人公要素の比重が高いです。
ルルーシュがつまらなければ話はつまらないし、ルルーシュが面白ければ話は面白い。

そして、ルルーシュというキャラクターは非常にセンセーショナルで面白く、格好良いのです。

まず第一にルルーシュの注目すべき特徴を挙げると、高校生とは思えない卓越した頭脳でしょう。
普段の賭けチェスから然り、彼はそのずば抜けた頭脳で、圧倒的な戦力差のある敵を罠に嵌めて勝利していきます。
戦力差にあぐらを掻いてルルーシュに挑むも、返り討ちにされていく様子。
その爽快感足るや言い表しようがありません。


またルルーシュはその性格に不遜なところがあり、少々不利になろうとも、わざと劇場的な展開を作りに行ったりします。(魅せプレイ的な)
それには登場人物たちもすっかり舞い上がらされてしまいますが、当然それを見ている私たち視聴者も高揚を禁じ得ないところ。
そういう華麗で自己主張の激しい振る舞いも彼の魅力のうちでしょう。

更にはダークヒーローらしいどす黒い野望をむき出しにしたりするシーンなど、厨二心を滅茶苦茶に刺激されます。
重ねて彼はその身分(王族であること)を隠すために常に仮面を付けて表舞台に立つのですが、自分を隠しつつ平気で学生生活とテロリスト生活を使い分けるところなんて、憧れそのものです。


また重要なルルーシュの要素として、彼は先述の少女から特殊な能力を与えられます。
その能力は『眼を見た相手に対し絶対遵守の命令を下せる』という強力無比なもの。
そして、その能力をルルーシュは視聴者の予想もしない使い方で用いて、敵・ブリタニア帝国を混乱させます。その様はまたまた痛快です。

しかし。
なり損ないの皇子が、人を従わせるだけの錫杖を手に入れ、王を殺そうとするというのは、何とも皮肉が効いているストーリーですね。



またそのルルーシュと対比するようなキャラクターとして『枢木スザク』がいます。
スザク


彼はルルーシュと真逆のような手段をとってブリタニアを変えようとします。
方や犯罪のような手段で、暴力という方法で、変化を促すルルーシュ。
方やブリタニア軍人となり、順当な手段でもってブリタニアの中から変えていこうとするスザク。

その二人の手法を見ると、いかにもスザクは『正義』という風で、スザクこそ『本当の』主人公に相応しく見えるのですが……。

ルルーシュとは幼少より親友であり、しかしながら立ち位置としては真逆であるが故に、ルルーシュの最悪の敵として幾度となく立ちはだかります。

彼は頭脳派のルルーシュとは違い、肉体派です。(ここも真逆)
その類い希な運動能力を生かし、ナイトメアの実験機である『ランスロット』に騎乗し、そのナイトメアと操縦能力を持ってしてルルーシュを追い詰めます。

親友でありながらも、最大の敵。
愛憎混じりながらもぶつかり合う二人の姿は、物語にドラマ性を加え、よりお話を盛り上がらせてくれるのです。


魅力②息も吐かせぬ緊張感の連続・それを生み出す精妙な構成

私が考える『面白い物語の持つ共通点』としてあるのが、『断続的な緊張感』という要素。

この物語はあらゆる方向から主人公ルルーシュを追い詰めていきます。
身分や姿がばれそうになること、負けそうになること、大切な妹に危害が加えられそうになること……。
常に主人公は綱渡りを続けているため、視聴者は片時も目を離せません。

たまに見かけてしまうあまり面白くないお話は退屈で、見ている最中に私なんか、傍らにある漫画を手に取ったりして、それを読む片手間に見てしまいます。
ですが、このコードギアスではそういうことは一切出来ませんでした。(わざとやってるわけではないですが)

数々の苦難を、その知恵と機転でルルーシュたちが乗り越えていく。

その度に物語の中に、ぐっ、と引き込まれ、没入度が上がっていきます。

お話と私たちとの距離がどんどん近づいていきます。
主人公、並びに他のキャラクターの感情が私たち視聴者の下へ迫ってくるのです。
キャラの危難には視聴者も息苦しくなり、キャラの不幸には共に涙を流し、キャラの幸せにはほっと微笑が浮かんでしまう。

つまり、感動するのです。


またその為の構成も実に考えられており、余計な情報は一切削ぎ落とされ、毎回毎回のお話に起伏があり、見所があるのです。とても丁寧な作りになっているのです。

故に何度見返しても楽しめる。

素晴らしいエンターテイメント作品として仕上がっているでしょう。


魅力3『成長の物語』

ルルーシュは王族です。
しかも世界の三分の一を支配するブリタニア帝国、その皇子なのです。

しかしながら彼は身分を隠すことを余儀なくされ、何でもないただの一高校生としての日常を過ごしています。
だから物語冒頭の彼は何も持っていません。何の力もありません。

あったのは自分を裏切ったブリタニア皇帝とブリタニアの強い恨みだけ。

そんな彼がたった一人で、強大な敵に向き合い奇跡とも思えるような勝利を重ねる。
そしてそれが様々な人間、組織などを味方にしていくのです。

段々と、段々と彼は指導者の地位を確立していく。
民衆に崇められ、偉い人に認められ、ブリタニアに敵として認識される。

この『コードギアス』はそういう変化・成長の物語でもあります。

それが非常にわくわくする。

例えばRPGで強い武器を手に入れたときのような、そんな盛り上がりを覚えるのです。

そしてそれがたまらなく楽しく気持ちいい。

その喜びは実際に視聴して、体験して頂きたいところです。




以上三つの魅力をご紹介させて頂きましたが、まだまだ魅力は数多く存在します。
ロボット『ナイトメア』の格好良さ。
その他の個性溢れるキャラクターたち。
印象的な台詞、シーン。
……などなど。

その全てを紹介するには、私も精根尽き果てる程の文章良が必要になるため割愛させて頂きました。


私の最も愛するアニメの一つでもある『コードギアス・反逆のルルーシュ』


第一話だけでもよろしいので、是非ご覧下さい。
よく練り込まれた構成の第一話はそれだけでも、視聴者を引き込み、魅了します。

起伏のある基本的なエンターテイメント作品を楽しめる方ならば、見て絶対に損はしないでしょう。









こちらは第二期のボックスです。








スポンサーサイト

漫画:『Landreaall』(ランドリオール)

当ブログ初の紹介文となりますのは、漫画『Landreaall』


Landreaall 1




@評価@

シナリオ(情報は精選されているかどうか):
キャラ(キャラクターは個性溢れるか。魅力的か):
ヒキ(次のシーン・ページをを見たくなるか):
世界観(話の独創性、その世界は独創性があるか):10
リアリティ(設定、キャラの行動に綻びがなく、正しいか):

総合得点78点

この漫画を見て面白いと思える人は――
児童書『ハリーポッター』漫画『最遊記(同雑誌掲載)』アニメ『千と千尋』『大抵の洋ファンタジー(グインサーガ・十二国記など)』
を面白いと思った人でしょう。



ではこの漫画の紹介をさせて頂きます。

まずは軽いあらすじです。




舞台は『アトルニア王国』その西端は『エカリープ』という土地で育った貴族DX・ルッカフォート。彼は火竜の封じられた木に、同じく宿る洞詠士(フースルー)マリオンに恋をする。
そしてDXはマリオンを救うことを決意し、戦うことを決めるのだが……。




はい。正直、文で見ても何が何だか……っていう感じですよね。

簡単に言うと『若干ひねくれ気味の貴族な主人公』がうっかり幽霊に恋しちゃって、しかもそれを成就させるためには最強の生物『竜』を倒さなければならない。
という始まりです。

まずこの物語第一の魅力は、この幽霊を救うのが『若干ひねくれ気味の主人公』というところでしょう。
最初に述べた通り、このお話の面白さは『キャラクター』なのです。

この主人公DXも中々のくせ者で、常にほわんほわんしています。いつもぼんやりとしていて、周囲の人々は彼について『何を考えているのか解らない』とそう言います。ちょっとDX可愛いです。
それでその癖、やるときはとことんやる。
そして自分が友情や親愛を感じる相手にはとことん助けるし、何でもする。しかし嫌いな相手、自分の仲間を傷つける相手には容赦しない。

という実に尖った感じの主人公です。
特に圧巻なのが、そのぼんやりとした表情をさせながら、仲間を傷つける敵を追い詰めていく様です。

DX


そしてまた、彼のキャラクターに深みを出させているのが彼が『貴族』であることなのです。
彼は若くありながらも王位継承権という権利を持つ貴族です。(ついでに結構有名人)
それ故にその貴族の名前『ルッカフォート』の力は絶大です。
誰もが擦り寄ってくるし、その名前を掲げれば、大人も子供も平伏します。
だが、DXはそれを良しとしません。
名前を使うことに卑怯さを感じているからなのです。(この辺りもやや捻くれてますね)
しかしそうは思っていても自分の名前に救われることもある。
そしてDXは自分の名前に恐怖したり、どう向き合っていけばいいのか悩んだりするのです。
その辺りの心理の変化もまた面白い。
DX1


ファンタジーなので『』も出てきますし、『幽霊』も出てきます。

りゅう


しかも強い。
災厄の一種としても数えられる竜の力は途方もありません。
ファンタジーの中で竜の扱いは色々ありますよね。
手なずけて乗れるとか、絶対に勝つことは出来ない強大な相手とか、結構弱くて案外勝てるとか……。
このランドリオールで竜は『早々は勝てないが、苦しくも勝利は可能』という位置づけです。

あと特筆すべきなのが、このファンタジーは基調は『洋』なのですが、所々に日本テイストが含まれていることです。
つまりは『ニンジャ』やら『サムライ』やらが登場するということです。
その考証にしても細かく、主人公とその妹イオンは護衛として『六甲』という名前の男を連れているのですが、彼はニンジャです。
ろっこー
(黒い眼鏡を付けているのが『六甲』。また画像下のカワイイのがDX妹の『イオン』)

世界観としてニンジャは主人の『道具』なのであり、個人ではない。
だがDXやその両親たちは六甲を一人の人間として扱う。そして六甲はどうあろうかと悩み、DXたちも、いかにすれば六甲が個人らしく、自分たちの友人として振る舞ってくれるかを真剣に考える。
そういう面からもこの物語全編を通して描かれる『友情』の魅力を感じられるでしょう。

あとはこの世界のニンジャたちもいわゆる『忍術』に近いものを使います。
姿を消すことが出来たり(厳密には視界に入らなくなる。これを使って常にDX・イオンを警護する)、特定の箇所にワープ出来たり、肉体の能力を引き出したり、と厨二要素もしっかり備えています。

ちなみにDXとイオンは六甲の師匠である人物に教えを請うているので、二人ともその年代にしては滅茶苦茶強いです。

そしてここから若干のネタバレを含みます。
(しかし軽度のネタバレなので読んでも大丈夫かと)







マリオンとの一件を終えてDXは自分の無知さを知る。そして両親の提案もあり、妹のイオンと従者でニンジャの六甲を加えて、彼らは王都である『フォーメリー』へと向かい、そこにある学舎で学生生活を送ることになる。

実質、マリオンとのお話は導入であり、ここからが本編という感じですね。
ここから爆発的にキャラクターが増加し、それに伴い魅力的なキャラクターも一気に増えていきます。


本日はここまでで続きは次回に。


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。