『アニ・マガ・ラノ』ブログ | アニメ、漫画、ライトノベルの詳しい解説!! とご紹介をしていきます!! またニコニコ動画の紹介も!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 小雪空蝉 on  | 

漫画『極黒のブリュンヒルデ』

祝! アニメ化決定!!
ぶりゅひ


はっきり言いますが、この漫画、カワイイ女の子がたくさん出てきます。

そして、たくさん死にます。

しかもドロドロに肉を溶かして、死にます。

彼女達は悲鳴をあげながら、生きたいと叫びつつ、死んでいきます。

まさしく『絶望』の物語。
――死と隣り合わせの、平凡な学生生活。
だからこそ、少女たちの一瞬一瞬は、煌めいていた。


そんな残酷だけれども美しく生々しい漫画、『極黒のブリュンヒルデ』ご紹介させて頂きます。


@十段階評価@

シナリオ(情報は精選されているかどうか):
キャラ(キャラクターは個性溢れるか。魅力的か):
ヒキ(次のシーン・ページをを見たくなるか):
世界観(話の独創性、その世界は独創性があるか):
リアリティ(設定、キャラの行動に綻びがなく、正しいか):

総合得点82点

(評価はあくまで目安であり、私個人のものです。その価値を厳に定めるものではありません。ご了承下さい)


このアニメ(漫画)を見て面白いと思える人は――
漫画/アニメ『エルフェンリート』
アニメ『新世紀エヴァンゲリオン、並びに新エヴァンゲリオン』
漫画/アニメ『進撃の巨人』
漫画『ガンツ』
映画/アニメ『魔法少女まどか・マギカ』
漫画『テラフォーマーズ』を面白いと思った人でしょう。


また、この作品を強くオススメ出来るのは――
『魔法少女まどか・マギカ』・『エルフェンリート』・『エヴァンゲリオン』
を見て面白いと感じた方へです。



まずは簡単に導入部分を。


主人公『村上良太』は幼い頃、事故で幼なじみを失ってしまう。
そして良太は高校生となった現在、その幼なじみの夢を継ぐ形でNASAの職員になることを目指し、天文部学生としての日々を過ごしていた。
そんな平凡なある日、一人の転校生が良太のクラスに転入してきた。
転校生の少女は『黒羽寧子』と名乗り、その容姿は幼少に失った幼なじみにそっくりなものだった。
驚き戸惑う村上に彼女、黒羽寧子は言う。
「私は魔法使いだから」


(ここから軽度のネタバレになります。おそらく物語の面白味を損なうものではありませんが、ご注意下さい)


さて、導入ではキャラが死亡する要素などまるで感じられませんね。


ですので、もう少し掘り下げて説明しますと、寧子の言う『魔法使い』というのは、とある研究機関によって生み出された『実験動物』のようなものなのです。
彼女達は各々人間離れした特殊な能力を持ち、それを指して『魔法』と呼び、また『魔法使い』強調文を名乗っているわけです。
そして『魔法使い』たちは研究機関で極秘裏に管理されており、その中で凄惨な扱いを受けている。
特に能力のレベルの低い魔法使いはあっさりと廃棄。つまりは殺されているのです。

寧子たち魔法使いはその廃棄の寸前にどうにか逃げ出して来たのですが、極秘の存在である魔法使いを研究機関も放ってはおけません。
その為、戦闘能力に優れた魔法使いを刺客として放つ。そしてそれと戦う。というのが大まかなお話の流れです。

では引き続き、どういうところがこの作品の見所となるのか、を紹介していきます。

見所1「残酷な運命に翻弄される少女達の姿」
まず逃亡をしているという段階で、少女達の生活がかなり厳しいことになってしまうのは必然です。秘密組織に研究対象とされているだけあり、外の世界に身よりもなく、自分たちの力でのみの生活を余儀なくされます。
(尚、彼女達が学校に転校出来るのは、仲間内に優秀なハッキング能力者がいるから)
しかしそんなことより何より、その生活を悲惨にしているモノが、「鎮死剤」と呼ばれる薬剤の存在です。
魔法使いの少女達は、この鎮死剤を一日一つ使用しなければ、例外なく死亡します。
ただ使用しなかったからと言ってすぐ死ぬわけでは無く、肉体を崩壊させながら二日ほどの時間で死に至るようです。

つまり、鎮死剤とは魔法使いの少女達にとって、目に見える命の欠片であるということです。
しかし逃亡中の彼女達に満足な量はありません。

日々、目に見えて減っていく命の恐怖、そして逃げ出した魔法使いを殺すために放たれる、強大な能力を持つ刺客達による追撃の恐怖。

様々な恐怖と不安に包まれる中で、一見平凡でありながらも幸せな毎日を過ごす、というそのギャップはとても見応えがあります。
特にそのギャップが故に、登場人物達の感情は容易く昂ぶり、それが普通つまらなくなってしまうだろう日常シーンにドラマが溢れるというのは特筆すべき所でしょうか。

見所2「個性溢れるキャラクター」
なんと言ってもこの作品、登場人物がそれぞれに素晴らしい個性を持っているのです。

黒羽 寧子(くろは・ねこ)
とんでもなく優しいがやや天然な部分もあるヒロイン。人助けスイッチがあり、それが入るとどんな相手も助けたくなってしまうらしい。
ねこ

橘 佳奈(たちばな・かな)
とんでもなく口が悪いヒロイン。その癖、身体は動かせず、自分では何も出来ない。また身体が動かせない為、食事も流動食しか取れない。
カナ

カズミ・シュリーレンツァウアー
惚れた主人公にとにかく色んなアタックを繰り返す、それでも本当は奥手なヒロイン。主人公の些細な言動にも一喜一憂するところがカワイイ。
カズミ

鷹鳥 小鳥(たかとり・ことり)
とんでもない天然の癒やし系ヒロイン。危険な状態でも素でギャグめいたことを言ったりと、ずれている人物。でもカワイイ。
ことり2

他にも
無口系のヒロイン。本音をちょっとも隠さず主人公に真っ直ぐアタックを続けるやや腹黒系ヒロイン
……などなど。

ヒロイン(女性キャラ)は沢山出てきますが、そのそれぞれが独立した個性を持っていて全くと言って言いほどキャラ被りしていないのです。
彼女達の個性と、そして前述したとおり、登場人物の感情を掻き立てる絶望的な現状が、よりキャラの造形を際立たせています。
重ねて、どのヒロインも何かしら魅力的に描かれていることも素晴らしい。捨てヒロインが殆どいないのです。だからこそどのヒロインにも愛着が湧きます。

ですが、その癖、シナリオは危機的な状況を描いていますので、当然生と死が行き交うわけで。私、自身、このお話を読んでいる間も「あー死なないでぇ!」と内心で叫んでいました。
そういうはらはらする緊張感もまた、この極黒のブリュンヒルデの魅力の一つかも知れないです。

おまけみたいになってしまいましたが、後は男性陣も魅力的ですね。特に主人公と、その主人公に力添えをしてくれる叔父の研究者。この二人はしっかりキャラが立っています。
主人公は物語の顔であり、また読者の欲求を物語の中で代行してくれる存在です。言わずもがな、その人間性、キャラクターは作品の価値を決める大きな要素となります。

それでこのお話の主人公、村上良太君ですが、かなり優秀で性格も良いです。
村上君序盤の村上君台詞。

主人公の言動に関しては、殆どストレス無くお話を読み進めていけるのではないでしょうか。
彼は一般人で魔法使いでも何でも無いので、別に特殊な能力も、あるにはありますが、現実的なラインでしかありません。
そういう主人公が、きっちりと物事を考えて、ヒロインに的確にアドバイスをして、危機を乗り越えていく。そしてそれら主人公の行動にヒロイン達が尊敬と愛慕を寄せていく。その様子にはエンタメらしい、しっかりとしたカタルシスがあります。
その主人公の思考はちょっと飛躍があったり、あるいは誰でも分かりそうなこと、というのも含まれているかも知れません。
しかし、私自身の主観で言えば、違和感を覚えるということはあまりありませんでした。(そもそも私は物語を読んでいる瞬間にあまり考えを回さないタチなのでそれが影響しているのやも知れませんが……)

主人公の叔父のキャラも、凄まじい偏屈ぶりとしかし頼りがいのある知識と頭脳のギャップに好感を持ってしまいます。
こごろー


兎にも角にも、主人公やそのヒロイン達の言動は瑞々しく、読者を飽きさせない輝きがあることは間違いないと思います。

見所3「細部の伏線とSF要素」
エヴァンゲリオン、進撃の巨人、ever17、これらはいずれも名作です。そしてこれらに共通するのは、特有の勿体ぶった描写。所謂伏線、あるいは布石でしょうか。
例えば「人類補完計画」
この言葉はエヴァの作った固有名詞ですが、ぱっと聞いただけでは、その意味を全く想像出来ません。だというのに劇中の人物達、しかも訳知り顔の上層部達が何度も使用するので、印象的で、とてもその意味が気になります。
ですが、その意味は最終話間際まで明らかになることはありませんでした。
その他にも、エヴァの存在、生まれ、地下に存在する使徒の意味など……様々な謎があり、しかしそれらの意味は終盤になってからようやく明かされ、あるいは語られなかった謎もあります。

こういう伏線というのは、私たち視聴者に強く訴求してきます。
この謎が気になるから先が見たい。
単純な真理ですが、単純故に強力です。
しかも、その謎が登場人物達の行く先に密接に関係するのなら尚更です。

これは例えば進撃の巨人でいう、巨人の正体について、というのがわかりやすい例ですね。
巨人達は主人公エレン達人間を、その巨大な体躯と人間に対する害意で殺めていく。
しかしながら、その行動原理、つまりは人間を殺す、というその理由は全く分かりません。
(読者に近い視点を持つ主人公達には)
主人公エレン達は巨人に身内を何人も殺されているのですから、巨人に対して怒り、その上で「何故人を殺すのか?」という疑問も当然抱くでしょう。
重ねて巨人は人を殺すのに、捕食を目的にしているわけでは無いということが明らかになって、エレン達のその疑問も一入になります。
そしてエレンに近い視点を持ち、エレンの感情に同調してしまう我々読者も、エレンと同じ疑問を等しく持ってしまうわけです。

要するに、強く感情移入させてしまうことで、物語に対する『迫真』を増させて、より深く考察を増させる。という仕組みがあるわけなんですが、それがこの極黒のブリュンヒルデにも存在しています。
何故ヒロイン達は魔女と呼ばれ、酷い扱いを受けるのか。
それはメインヒロイン達の艱難を見ている読者にとって、強い疑問となります。
そしてその理不尽な扱いの理由を探し求めて、次のページを捲ってしまうわけです。
しかし答えは無く、ただ思わせぶりなヒントがあって、更に考察を深めてしまい、物語の中へ更に没入してしまう。
そんな具合によく出来たヒキと伏線があるこのお話は、久々に次の一話が気になる作品です。

またその伏線要素が、実際に存在する「ニーベルングの指環」という楽劇の引用を多数行っていて、そこからもまた色々連想・妄想したくなります。
現実にある作品や神話などを引用すると、そんな考察の面白さもまた二重、三重に増えていきますね。その良い見本だと思います。
にーべるん


しかし。
こうやって説明させて頂いた後、偉そうにも一言言わせて貰うと、これらのSF伏線要素は、前述のエヴァンゲリオン他とかなり似ています。
これはもう間違いなく影響を受けているでしょう。
例えば「高千穂」(天孫降臨のあった一山の名前で、おそらくは魔法使いの研究所、そのパトロン)はゼーレに酷似していますし(変な場所で座って会談する、というのも。顔が見えないというのも。パトロンであると言うことも)重ねてその目的も似たようなものである様子。
ぜーれ

……他にも色々ありましたが確実にネタばれるのでここまでで。
そういう具合で、色々と他作品と似ている要素があるんですが、作品の地の出来が良いため、これと言って気になりもしません。
ですが、そこに目が行ってしまう方もいるかもしれませんので、一応作品紹介の中で言わせて頂きました。

この作品はエッジがキツイお話だと言えるでしょう。
言い換えるなら、はまる人ははまるし、駄目な人はとことん駄目、というお話とも言えるのです。
例えばフィクション作品の残酷描写が堪えられないと言う人は、おそらくあまりこの作品も合わないでしょうし、鬱になるようなお話が苦手な人も駄目でしょう。後は、萌えに拒否反応が出てしまう人も厳しいかもしれません。

けれどこの三要素が嫌いでは無い、むしろ「どんと来い」という人は確実に、もう絶対に気に入ると思います。


是非ともこの極黒のブリュンヒルデ、アニメ化前に手にとって見て頂きたいです!

(尚、この記事を書くにあたって用いたブログ記事がありますが、その記事を担当したのも私なので、コピーも問題ないと思われます。)




スポンサーサイト
Category : 漫画
Posted by 小雪空蝉 on  | 0 comments  0 trackback

漫画・アニメ『進撃の巨人』

只今、話題騰中。

その凄惨な世界観と迫真の展開、個性溢れるキャラクターたちに、深まる謎……。
まさしく『最高峰のエンターテイメント』である、この作品。
『進撃の巨人』

それについてのご紹介をさせて頂きます。


進撃の巨人1(Blu-ray)




何だかこのお話を紹介するには時期的に手遅れ……な感がありますが、それだけにこのお話の話題に少々乗り遅れてしまったなぁ。
と思う人にお勧め出来る記事を目指します。



@評価@

シナリオ(情報は精選されているかどうか):
キャラ(キャラクターは個性溢れるか。魅力的か):
ヒキ(次のシーン・ページをを見たくなるか):10
世界観(話の独創性、その世界は独創性があるか):
リアリティ(設定、キャラの行動に綻びがなく、正しいか):

総合得点91点

(評価はあくまで目安であり、私個人のものです。その価値を厳に定めるものではありません。ご了承下さい)


このアニメ(漫画)を見て面白いと思える人は――
アニメ『新世紀エヴァンゲリオン、並びに新エヴァンゲリオン』ADVゲーム『マブラヴ・オルタネイティブ』漫画『ガンツ』漫画『極黒のブリュンヒルデ』映画/アニメ『魔法少女まどか・マギカ』漫画『テラフォーマーズ』を面白いと思った人でしょう。



ではこのアニメの紹介に移らせていただきます。

まずは軽いあらすじから。

世界は『巨人』と呼ばれる怪物たちに支配されていた。
『巨人』たちは獰猛で、人間だけを好んで殺し、喰らう。その圧倒的な体高と膂力に人類は叶うべくもなかった。
人類は巨大な『壁』の内側に引きこもり、その中で『巨人』の脅威に恐れながら、生涯を終えることを強いられていた。

そんな世界で、主人公『エレン・イェーガー』は壁の外の豊かで広大な世界を望んでいた。
しかしながら、壁の外へと出ることは、すなわち巨人の猛威に晒されるということであり、死を意味する。
出たくとも出られない壁の外の世界を望みながら、鬱屈しつつ、退屈な日々を友人『アルミン』『ミカサ』と共に過ごしていた。
だが、唐突にその日常は終わる。
より巨大な巨人が突如として現われ、絶対不変と思われた壁を壊したのだ。
崩壊した壁の穴からは続々と巨人たちが乗り込んでくる。
エレンたちの、絶望が始まった。



と、まぁこんなところでしょうか。

このお話の肝は主人公たち人類側が『巨人』に対して圧倒的に不利であり、常に蹂躙される、というところにあるでしょう。

掛け値無しの絶望的展開です。
あっさりと家族や仲間が殺されていくのです。しかも『喰われて』死ぬのです。
巨人の口の隙間から、ぽろりと愛する人の『足』が見えたり、血が零れていたり。
それを主人公たちは見ることになります。
見ながらしかも、巨人には殆ど勝てないので『撤退・逃走』することになるのです。

愛する人を殺されながらも、ただただ逃げることしか出来ない主人公たちは、自分の無力さに絶望しつつ、敵を呪います。

ここまで読んで頂いて分かる通り、このお話はジャンプ系の少年誌的なエンタメとかけ離れています。
主人公たちは負けるのです。勝てないのです。
仲間はピンチになればあっという間に死にます。恐ろしいほど簡単に死にます。


ですから先が読めません。
今まで私たちが見てきたお話とかけ離れているため、どうなるか分からないのです。
勝つのか、負けるのか。死ぬのか、死なないのか。果たして、彼らは生き残れるのか。

そして戦場という場所の絶望感の迫真に震えます。
死の恐怖に怯えるキャラクターたちと、仲間が死に行く姿を見送るキャラクターたち。
それらの心理が克明に描かれているのです。

そういう『真に迫った展開と演出』が、視聴者を画面に釘付けにして、とにかく先が気になります。

次に魅力的なのはキャラクターたちです。
ぽんぽんと死んでしまうお話の中で、しかしその僅かな期間の登場であっても、視聴者に対して印象に残るキャラばかりです。

最初にご紹介するのは主人公『エレン・イェーガー』
エレン

彼は幼少に起きたとある出来事から、巨人を深く憎んでおり、彼の発する
「駆逐してやる!!」という台詞は結構有名ですね。
彼の特徴は、いつ、どんな場面であろうともその芯がぶれないことです。
巨人を殺すこと、巨人を駆逐し、外の世界へ向かうこと。その為にどんな瞬間も行動します。
巨人の強さに悲惨な展開となるこのお話です。そこにおいて、狂気じみた執念を持ち、何が何でも巨人に復讐しようと戦う主人公は、読者の怒りや悲しみを代弁してくれる頼もしい存在になります。
それに加えて年齢相応のやや青臭い部分も残されており、自分の能力の無さに葛藤したり、迷ったりする。そこも好感が持てます。

よって、エレンは主人公としてこれ以上ない適役であり、彼の言動に対し、読者の皆様は殆どストレスを感じないでしょう。

『ミカサ・アッカーマン』
ミカサ

彼女は主人公と幼なじみであり、またエレンとその家族と同居しています。
彼女もまたエレンの傍にあるだけあって、全くぶれません。全然ぶれません。
冒頭から一筋に『エレンを助ける』、その一事に全てを懸けています。所謂ヤンデレ的な側面があります。
そして彼女は滅茶苦茶強いです。巨人と戦う能力は1,2を争うほどのもので、女の子、だけど最強。しかも泥臭く血まみれになりながら戦う。(しかもすごい筋肉)
というまたまた普通のアニメや漫画では見られない個性強いキャラになっています。
でもエレンを一途に思うところは、またカワイイんですよね。そこがすごい。

『アルミン・アルレルト』
アルミン
他の二人が怒りに燃えるタイプなら、彼、アルミンは理知的で冷静な学舎肌という感じです。
どんな状況でも沈着な思考で、彼は『正解』を見つけていきます。
その推理能力や作戦勘案能力は図抜けており、力や体力こそ他の面々に劣るものの、主人公たちは頻繁にアルミンに助言を求めます。
普段は優しく大人しいアルミンが、戦場の場にあって、目覚ましい能力を発揮する場面ではカタルシスを禁じ得ません。


更にこのお話の魅力として挙げられるのは『その冒頭から幾つもの謎に包まれていること』です。
『何故、巨人は存在しているのか?』『何故、巨人は人間を襲うのか?』『何故、壁などというものが存在するのか。誰が造ったのか?』……などなど。
謎が謎を呼ぶ展開。
非常に先が気になる構成になっています。
何せそれらの情報というのは登場人物も知りたいわけですからね。感情移入してしまう視聴者も気になってしまうことです。
そして、それらは主人公たちの行く末と共に素晴らしい「ヒキ」になり、お話から目が離せなくなるのです。

最後にアニメ『進撃の巨人』の人気の大きな要因となっている『作画』についてです。
とにかく動く動く。
キャラも巨人も動き回ります。

キャラクターたちは巨人に対抗するために『立体軌道装置』というものを用いるんですが(ワイヤーフックで自由自在に空間を移動出来るようになる、というアイテム)それの動きの作画が凄まじい。
まるで映画作品のようなクオリティに開いた口が塞がりません。
これはもうアニメを見て頂いて、確かめて貰うほかに説明のしようがありません。
ストーリーなどに興味が沸かなかったとしても、それを見るためだけに視聴しても充分に価値があると思います。

総じてアニメ/漫画『進撃の巨人』、これはエンターテイメントとして完成した、凄い作品だと思われます。
是非見て下さい。早々、損はしないと思います。







該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。