『アニ・マガ・ラノ』ブログ | アニメ、漫画、ライトノベルの詳しい解説!! とご紹介をしていきます!! またニコニコ動画の紹介も!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 小雪空蝉 on  | 

ゲーム/アニメ『WHITE ALBUM2』

は終わる、それでも人生は終わらない。


WHITE ALBUM2 -幸せの向こう側-プレミアムエディション



眩しすぎる青春の日々の中で恋をしてしまった。

誰もが罪深い

そして生まれてしまった、悲劇

雪のように切なく、残酷なの結末。

その白さに塗りつぶされた罪は、春、雪解けと共に清算されなければならない。

何故なら例え恋が終わろうと、これからも毎日はずっと続いていくのだから。



を描き、そして人生を描く。

敏腕シナリオライターが手がける傑作『WHITE ALBUM2』


ご紹介させて頂きます。
尚、このWHITE ALBUM2はナンバリングタイトルですが、前作をプレイしていなくとも問題なく遊べます。というか、最早世界観を引き継いでいるくらいしか繋がりがないです。
しかし、勿論前作を遊んだ方はより楽しめます。所々に潜む小ネタににやりと出来るでしょう。


@評価@

シナリオ(情報は精選されているかどうか):10
キャラ(キャラクターは個性溢れるか。魅力的か):10
ヒキ(次のシーン・ページをを見たくなるか):
世界観(話の独創性、その世界は独創性があるか):
リアリティ(設定、キャラの行動に綻びがなく、正しいか):10

総合得点96点

このゲームをプレイして、面白いと思える人は――
アニメ/ラノベ『とらドラ』
ラノベ/漫画『ゴールデンタイム』
アニメ/ゲーム『WHITE ALBUM』
アニメ『true tears』
アニメ/ラノベ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』
ゲーム『世界で一番NGな恋』
を面白いと思った人でしょう。





まずは軽いあらすじです。

主人公である『北原春希』は優等生の委員長であり、その高校生活の締めくくりとなる最後の文化祭において、少しばかり羽目を外そうと画策していた。

友人である武也が所属する『軽音楽同好会』に入部し、バンド活動を試みたのだ。

しかし、文化祭を目前にして、諸般の事情で『軽音楽同好会』は解散してしまう。

残ったのは友人武也と春希だけ。最早絶望的な残り日数の中、春希は部員集めを開始する。

だが当然、早々に部員など見つかるはずもなく、部員集めは暗礁に乗り上げる。

半ば諦め混じりに戻った部室で春希がギターを取ると、ふと隣から軽やかなピアノの旋律が聞こえる。

曲は冬になると嫌ほど聴かされる、誰もが知る名曲『WHITE ALBUM』

ピアノに必死で合わせて春希はギターをつま弾いた。

するとそのセッションが引き寄せたかのように、屋上から華やかなボーカルが響いて、音が重なる。

即席のバンドが出来上がる。

一曲を弾き終えた瞬間、春希は駆けだしていた。

そのボーカルを探すために、屋上へと。




ここからのざっとしたお話の流れは、主人公『北原春希』にヒロインたちが惚れ込み、三角関係になる。
というわりとありきたりな展開なのですが……。

しかしながら、この『WHITE ALBUM2』他の三角関係ものとは一線を画すお話だと思います。

そこも含めてWHITE ALBUM2の魅力に迫っていきましょう。



魅力①登場人物たちの息遣い

敢えて分かりにくい『息遣い』という言葉を用いたのは他でもありません。
彼らは皆、物語にありながらも、まるで現実の人物かのような、生々しい機微を見せてくれるのです。
今まで自分が見てきた物語の中でも、ここまでキャラの感情を丁寧に表現しているお話はありませんでした。

ではその登場人物、まず始めに、ずるくて汚くて卑怯な主人公である北原春希くんから。


はるきくん


彼の特徴に関して、あらすじでも軽く触れましたが、春希は生真面目な男で几帳面です。
また委員長でもある彼は、ひっきりなしに頼まれ事が舞い込み、それを片付けるべくきりきり舞いになりながらも、あれやこれやと人助けに奔走します。
そういう実直な性格の春希が、二人のヒロインたちと出会い、少しずつ変わっていくところも見所ではありますが、何より。

誰にも誠実であろうとしている『北原春希』という人間が、『答えの無い、絶対に誰かを傷つけてしまう恋の問題』を出され苦悩し、懊悩する姿。
その痛みや息苦しさ、辛さが、繊細な描写で、主人公として、最も読者に近い立ち位置から、どんどん伝わってくるのです。
しかも彼は凄まじい精神力を持っています。
というのも劇中で春希の友人、武也が言う通り彼は『一度決めたら絶対に揺るがない』
そういう意固地というか、自分の決断に自分を委ねられる強さを持っています。

彼は、とある展開・√でどちらか一方の女性を選ぶために、他の全てを切り捨てていきます。
自分の決断でぼろぼろに彼も(視聴者も)傷ついていく様は、この『WHITE ALBUM2』以外では味わえない感覚である、とそう言っても過言ではないでしょう。

ですが、何はともあれ、彼は三角関係ものの主人公の宿命というか……。私たち視聴者がその行動に苛立ってしまうシーンも幾らかあるでしょう。
ただライターである丸戸氏も言っていた通り、彼は本当は良い奴なので、許してあげて下さい。


次いで、女神のような母性を見せてくれるメインヒロイン小木曽雪菜
せつな


正直、このヒロインは、私が今まで見てきたどのヒロインよりも凄まじい。

凄まじい。

本当にその一言なのです。本当、女神と言って差し支えないくらいに、優しい。

包み込むかのような愛。慈しむかのような愛。
恋敵にだって全てを分け与え、恋人の全ての罪を許し、他の誰もが見つけられない『本当の幸せ』を求め続けるその姿にはもう見ているだけで胸が熱くなります。


それに加えて家庭力も抜群です。
炊事洗濯掃除もきっちりこなし、愛想も良く優しく、主人公を立ててくれる。良妻の典型でしょう。

ともかくこの女神ッぷりは是非ご自分の目で確かめて頂きたいです。

(この溢れんばかりの母性。きっとシャアさんはこういう女性を望んでいたんだろうなあ。と思いました)


次は孤高の忠犬冬馬かずさ

かずさ


彼女もメインヒロインなのですが、もう一人の雪菜とは対比するような性格です。
わがままで、気難しく、捻くれていて、怒りっぽい、他を寄せ付けない雰囲気……などなど。
ですが、いわゆるツンデレ気味な彼女の性格は、蓋を開ければ愛らしいばかりでしょう。
もうデレっデレです。忠犬、というのも彼女が、もしかすると雪菜以上に尻尾を振りまくるところから来ています。その変化っぷりも彼女の見所でしょうか。

また、冬馬かずさを語る上で欠かせないのが、彼女がプロ級のピアノの腕前を誇るというところ。
そのピアノの卓越した能力が物語の要所で効いてきます。
そしてこのピアノに関する扱いも、リアリティを損なわない程度にはったりを効かせたシナリオが、非常に上手く料理しています。

そして一つ彼女のことに関して付け加えると、このWHITE ALBUM2という物語。
これは彼女の成長の物語でもあるでしょう。

彼女は実はイイトコのお嬢様であり、その豊かな生活と、母親の放任主義が相まって、かずさは心の根に幼さを残しています。
それが主人公たちとの触れ合いの中で、成長していき……。
とある√での母親への台詞は、この物語の中でも1,2を争う名台詞となっているでしょう。
私もそのシーンで不覚にも涙した覚えがあります。


そして他にも登場人物は一癖二癖あり、個性と人間性が滲み出ています。
誰もがそれぞれ自分の考えを持っていて、ちゃんと息づいている。
キャラクターの取る台詞、行動が状況にマッチしていて、その言動の背景をはっきりと理解出来る。


例えば私たちは人生の中で、時折状況に沿わない倒錯した行動を取ります。
中途半端に辛いことがあったりすると、敢えて自分を更に窮地に追い詰めようとしたりする。
そういうちょっと『おかしな』行動を取ってしまうこと。
つまりは人間特有の『矛盾』です。
そういった『人間らしさ』と共に、フィクションであるが故のエッジがキャラに効いていて、現実的であっても、退屈はしません。むしろその登場人物たちの取る節々の行動に涙したり、憤慨したりと視聴者は大忙しになります。


魅力2ドラマチックで完璧なシナリオ

完璧、という言葉を物語の評価に用いるというのは、あまり良いことではないでしょう。
何せ物語というのは様々な要素が組み合わさり、折り重なって作られるものなのです。

例えば数字の計算であるなら答えは一つでしょうが国語の論述問題に答えは複数存在します。
それと同じで、物語に究極や完璧という形はないのでしょう。

しかしながら、それを踏まえて尚、この物語は完璧と呼んでいいほどに完成されている。

物語がよりドラマチックに、美しく、切なくなるように、キャラクターの言動や、その瞬間が精選されているのです。もっと具体的に言えば、『この登場人物たちを使って描かれるシナリオは、もうこれ以上面白くなり得ないだろうと言うほどに煮詰められている』ということです。

この時、あの電話がなければ。
この時、あの場所に行っていなければ。
この選択をしていなければ。

そういう些細な偶然を積み重ね、読者の期待する最高の瞬間にピントを合わせて、劇的な展開が引き起こされていくこのお話。

三角関係もののお話としては一個の回答としてなりたてるだろう、最高のシナリオだと思います。

わ2


魅力3お話の焦点の違い

と言われても正直、ぴんと来ないと思います。

『焦点の違い』

それはすなわちですね……。

例えば普通の三角関係のお話があるとします。
そのお話の始まりは当然、恋の始まりから。それがどういう始まりかは数ありますが、いずれにせよ誰かが誰かを好きになった、というところから始まるでしょう。
これは今ご紹介している『WHITE ALBUM2』も同じです。

では、普通の三角関係のお話、その終わりがあるとしたらどこでしょうか。
基本的に『恋の終わり』がお話の終わり、になるでしょう。
ですがこのWHITE ALBUM2は『恋』がテーマで、勿論それを描いていますが、しかしながら、この作品が描く本質、というのは恋を中心にした主人公たちの『人生』です。

このお話ですが、とても長いです。
一部でもとんでもないボリュームなのに、なんと二部構成になっているのです。
とんでもなく長い。
それはきっちりと彼らの人生を描くため。
恋の始まりと終わり、そして決着の先の人生を描くための尺なわけです。
余談ですが、その長いボリュームを圧倒的な質量で埋めてあるこの作品は本当に驚嘆の一言だと思います。



そしてこの作品については、もう語るに尽きません。
他にもBGMがあの雪の淡い質感を素晴らしく鮮明に表現していたり(サントラも全部購入してしまいました)、丸戸氏お得意の言葉遊びであったり、とあるキャラクターの√で最高の王道ハッピーエンド、そしてそれに連なる最高のエンディングであったり……もう幾らでも魅力があります。書き切れません。

とある有名サイトの評価では、歴代エロゲギャルゲの中でも第一位に輝くこのWHITE ALBUM2。

一度、プレイしてみて下さい。
でなくとも、今秋放映されるアニメをご覧下さい。

きっと後悔はしないはず。
手に汗握るような、胃が痛くなるような、それでも目が離せない、極上のストーリーがあなたを待っているでしょう。

こんな素敵な作品を送り出してくれた制作会社様、並びにシナリオライターである丸戸史明氏には感謝してもし切れません。

さて、もう一度ICからプレイしようかな……。


長文のご精読有り難う御座いました。












スポンサーサイト

漫画・アニメ『進撃の巨人』

只今、話題騰中。

その凄惨な世界観と迫真の展開、個性溢れるキャラクターたちに、深まる謎……。
まさしく『最高峰のエンターテイメント』である、この作品。
『進撃の巨人』

それについてのご紹介をさせて頂きます。


進撃の巨人1(Blu-ray)




何だかこのお話を紹介するには時期的に手遅れ……な感がありますが、それだけにこのお話の話題に少々乗り遅れてしまったなぁ。
と思う人にお勧め出来る記事を目指します。



@評価@

シナリオ(情報は精選されているかどうか):
キャラ(キャラクターは個性溢れるか。魅力的か):
ヒキ(次のシーン・ページをを見たくなるか):10
世界観(話の独創性、その世界は独創性があるか):
リアリティ(設定、キャラの行動に綻びがなく、正しいか):

総合得点91点

(評価はあくまで目安であり、私個人のものです。その価値を厳に定めるものではありません。ご了承下さい)


このアニメ(漫画)を見て面白いと思える人は――
アニメ『新世紀エヴァンゲリオン、並びに新エヴァンゲリオン』ADVゲーム『マブラヴ・オルタネイティブ』漫画『ガンツ』漫画『極黒のブリュンヒルデ』映画/アニメ『魔法少女まどか・マギカ』漫画『テラフォーマーズ』を面白いと思った人でしょう。



ではこのアニメの紹介に移らせていただきます。

まずは軽いあらすじから。

世界は『巨人』と呼ばれる怪物たちに支配されていた。
『巨人』たちは獰猛で、人間だけを好んで殺し、喰らう。その圧倒的な体高と膂力に人類は叶うべくもなかった。
人類は巨大な『壁』の内側に引きこもり、その中で『巨人』の脅威に恐れながら、生涯を終えることを強いられていた。

そんな世界で、主人公『エレン・イェーガー』は壁の外の豊かで広大な世界を望んでいた。
しかしながら、壁の外へと出ることは、すなわち巨人の猛威に晒されるということであり、死を意味する。
出たくとも出られない壁の外の世界を望みながら、鬱屈しつつ、退屈な日々を友人『アルミン』『ミカサ』と共に過ごしていた。
だが、唐突にその日常は終わる。
より巨大な巨人が突如として現われ、絶対不変と思われた壁を壊したのだ。
崩壊した壁の穴からは続々と巨人たちが乗り込んでくる。
エレンたちの、絶望が始まった。



と、まぁこんなところでしょうか。

このお話の肝は主人公たち人類側が『巨人』に対して圧倒的に不利であり、常に蹂躙される、というところにあるでしょう。

掛け値無しの絶望的展開です。
あっさりと家族や仲間が殺されていくのです。しかも『喰われて』死ぬのです。
巨人の口の隙間から、ぽろりと愛する人の『足』が見えたり、血が零れていたり。
それを主人公たちは見ることになります。
見ながらしかも、巨人には殆ど勝てないので『撤退・逃走』することになるのです。

愛する人を殺されながらも、ただただ逃げることしか出来ない主人公たちは、自分の無力さに絶望しつつ、敵を呪います。

ここまで読んで頂いて分かる通り、このお話はジャンプ系の少年誌的なエンタメとかけ離れています。
主人公たちは負けるのです。勝てないのです。
仲間はピンチになればあっという間に死にます。恐ろしいほど簡単に死にます。


ですから先が読めません。
今まで私たちが見てきたお話とかけ離れているため、どうなるか分からないのです。
勝つのか、負けるのか。死ぬのか、死なないのか。果たして、彼らは生き残れるのか。

そして戦場という場所の絶望感の迫真に震えます。
死の恐怖に怯えるキャラクターたちと、仲間が死に行く姿を見送るキャラクターたち。
それらの心理が克明に描かれているのです。

そういう『真に迫った展開と演出』が、視聴者を画面に釘付けにして、とにかく先が気になります。

次に魅力的なのはキャラクターたちです。
ぽんぽんと死んでしまうお話の中で、しかしその僅かな期間の登場であっても、視聴者に対して印象に残るキャラばかりです。

最初にご紹介するのは主人公『エレン・イェーガー』
エレン

彼は幼少に起きたとある出来事から、巨人を深く憎んでおり、彼の発する
「駆逐してやる!!」という台詞は結構有名ですね。
彼の特徴は、いつ、どんな場面であろうともその芯がぶれないことです。
巨人を殺すこと、巨人を駆逐し、外の世界へ向かうこと。その為にどんな瞬間も行動します。
巨人の強さに悲惨な展開となるこのお話です。そこにおいて、狂気じみた執念を持ち、何が何でも巨人に復讐しようと戦う主人公は、読者の怒りや悲しみを代弁してくれる頼もしい存在になります。
それに加えて年齢相応のやや青臭い部分も残されており、自分の能力の無さに葛藤したり、迷ったりする。そこも好感が持てます。

よって、エレンは主人公としてこれ以上ない適役であり、彼の言動に対し、読者の皆様は殆どストレスを感じないでしょう。

『ミカサ・アッカーマン』
ミカサ

彼女は主人公と幼なじみであり、またエレンとその家族と同居しています。
彼女もまたエレンの傍にあるだけあって、全くぶれません。全然ぶれません。
冒頭から一筋に『エレンを助ける』、その一事に全てを懸けています。所謂ヤンデレ的な側面があります。
そして彼女は滅茶苦茶強いです。巨人と戦う能力は1,2を争うほどのもので、女の子、だけど最強。しかも泥臭く血まみれになりながら戦う。(しかもすごい筋肉)
というまたまた普通のアニメや漫画では見られない個性強いキャラになっています。
でもエレンを一途に思うところは、またカワイイんですよね。そこがすごい。

『アルミン・アルレルト』
アルミン
他の二人が怒りに燃えるタイプなら、彼、アルミンは理知的で冷静な学舎肌という感じです。
どんな状況でも沈着な思考で、彼は『正解』を見つけていきます。
その推理能力や作戦勘案能力は図抜けており、力や体力こそ他の面々に劣るものの、主人公たちは頻繁にアルミンに助言を求めます。
普段は優しく大人しいアルミンが、戦場の場にあって、目覚ましい能力を発揮する場面ではカタルシスを禁じ得ません。


更にこのお話の魅力として挙げられるのは『その冒頭から幾つもの謎に包まれていること』です。
『何故、巨人は存在しているのか?』『何故、巨人は人間を襲うのか?』『何故、壁などというものが存在するのか。誰が造ったのか?』……などなど。
謎が謎を呼ぶ展開。
非常に先が気になる構成になっています。
何せそれらの情報というのは登場人物も知りたいわけですからね。感情移入してしまう視聴者も気になってしまうことです。
そして、それらは主人公たちの行く末と共に素晴らしい「ヒキ」になり、お話から目が離せなくなるのです。

最後にアニメ『進撃の巨人』の人気の大きな要因となっている『作画』についてです。
とにかく動く動く。
キャラも巨人も動き回ります。

キャラクターたちは巨人に対抗するために『立体軌道装置』というものを用いるんですが(ワイヤーフックで自由自在に空間を移動出来るようになる、というアイテム)それの動きの作画が凄まじい。
まるで映画作品のようなクオリティに開いた口が塞がりません。
これはもうアニメを見て頂いて、確かめて貰うほかに説明のしようがありません。
ストーリーなどに興味が沸かなかったとしても、それを見るためだけに視聴しても充分に価値があると思います。

総じてアニメ/漫画『進撃の巨人』、これはエンターテイメントとして完成した、凄い作品だと思われます。
是非見て下さい。早々、損はしないと思います。







該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。